福島・自然環境を守る乱開発阻止の闘争が新局面!

★動画紹介!
ついに森の神が姿を現す‼ ~せと農園日誌20210605 吾妻小富士麓福島市佐原富士見地区にて~
(提供:はとらずチャンネル)


【福島県】外資系(支那系)による自然破壊と乱開発を糾弾!

https://youtu.be/FwqCqT4yMLA
(提供:国民の総意ちゃんねる


せと農園日誌20210602 ~福島市佐原富士見パイロット事業地区にて~

乱開発・自然破壊を許さない抗議行動 ~ソーラー発電所建設工事現場のずさんな実態~ 福島県福島市佐原地区
(提供:はとらずチャンネル

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします!

吾妻小富士での戦い!

危険・劣悪な労働環境を正し、自治体・役所の黙認を許さない!

 福島県福島市佐原地区の吾妻小富士にて、自然破壊・乱開発の工事作業を糾弾したものです。

 6月4日の明け方、現地に赴きましたが、狭いカーブのある道路を何台もの大型作業車が減速することもなく、猛スピードのまま走り抜けました。

 他の車両にとっても危険ですし、歩行者がいれば接触はせずとも風圧で跳ね飛ばされてしまうかも知れません。

 もしや! チャイナ資本のカナディアン・ソーラーが遂に中国人ヒットマンでも差し向けて来たのか…と錯覚したほどでした。

 許可もないまま、道路を占有しての積み込み作業、そして今にも崩れ落ちそうな積載違反。

 2メートル以上の高所作業で安全帯も装備せぬ作業員がいることなどを作業現場にて徹底糾弾。

 それらの作業は夜明け前の3時、4時より行なわれているものと思われますが、そのような劣悪な労働環境を強いている企業、そして工事の許認可を出している福島市を徹底糾弾したものです。

 いずれ労働基準監督署にも告発したい。

 吾妻小富士のパイロット地区にて進められるメガソーラーの開発工事では福島市(木幡浩 =こはた・ひろし=市長)も工事許認可でその責任は免れるものではないでしょう。

 前述のように違法作業が続く現場では110番通報が為されたほどです。

 そのような極めて危険で劣悪な労働環境の中、福島市が違法作業の数々を確認することもなく、黙認していることが不思議でなりません。

 良識ある福島市職員はこの実態をどのように考えているのでしょうか?

 我ら『福島の自然環境を守る会』は新たに『助け合い労働組合せと農園支部(執行委員長:渡邊昇)』を発足させ、今後も精力的に運動を展開させ、各方面への働きかけを強めていく所存です。

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします!

☆ブログ15周年記念講演会のお知らせ♪

187498899_4064156627013213_361497674431162376_n
募集メール
受け付けは6月10日まで
参加の是非、お申し込みはこちらへ♩

70kigt@gmail.com (担当:今村)