21世紀の日本の対中外交

関連ブログ『「集団ストーカー反対」啓発活動倶楽部』より

講演会の開催と不審者の徘徊情報?(6月14日付)
6
写真説明:先日の記念講演会の会場付近にも、神奈川新聞の石橋学記者が出没していた(丸印)

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします!

 唐突にも思える立候補辞退の宣言を行なった記念講演会より2日が経ちます。

 日本第一党は公式サイト及びツイッターにて、衆院選(比例区)立候補予定者の変更を発表しました。

 東京比例区では同党顧問の先崎玲氏の立候補予定となり、それに伴って比例区名簿順位の変更が発表されました。

ichi

 突然の辞退で党にも迷惑をかけてしまいましたが、新たに立候補予定者に選出された先崎玲氏、そして日本第一党のご健闘を祈念します。

 先のG7首脳声明で、チャイナ(中共)による「ウイグル・ジェノサイド」が明記されました。

shina

 これに対し、チャイナは激しく反発しているようですが、チャイナによるウイグルへの「侵略」の問題であり、内政干渉には該当しません。

 このウイグル・ジェノサイドは欧米の先進国をはじめ、世界各国が非難している問題であり、決してチャイナが主張するような「一小派閥」によるものでもないでしょう。

 数十年間にわたって繰り広げられている現在進行形の侵略で、事実を捻じ曲げたものでもありません。

 昨年、一昨年の香港デモの隆盛とともに、トランプ米政権(当時)の時代より、一気に全世界的にクローズアップされてきたチャイナによるウイグル・ジェノサイドですが、来たる国政選にあっては日本第一党によるチャイナ批判に期待しております。

 チャイナとの関係をいかに断ち切り、台湾のような親日国との国交をいかに回復させていくか、それが21世紀の日本に問われた最大の課題と言えるでしょう。

こちらの講演会報告も紹介しておきます

jiyuu
関連ブログ『一般社団法人自由社会を守る国民連合BLOG』

ブログ開設・15周年記念講演会の報告♪(6月13日付)
2

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします!