横浜市長選挙最新情報 1

横浜市長選挙最新情報 1

藤村氏が太田正孝氏支持を表明

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。


カナロコ by 神奈川新聞

藤村晃子氏

 任期満了に伴う横浜市長選(8月8日告示、22日投開票)に立候補を表明していた動物保護団体代表理事の藤村晃子氏(48)が27日、市役所で会見し、出馬を取りやめると発表した。

 市が誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)に反対する藤村氏は、IR反対派が乱立している現状を踏まえ、「反対票が割れてしまうのを食い止めるために辞退に至った」と説明。今後は、動物保護などに関する政策が近く、立候補を表明している市議の太田正孝氏(75)を支援する方針という。
また、次期衆院選で神奈川3区から出馬する意向を示した。

立民神奈川県連、太田・横浜市議の離党届を 受理

は25日の常任幹事会で、横浜市長選に出馬を表明している横浜市議の太田正孝氏(75)から提出された離党届を受理した。


 10名からの候補者が立候補すると見られる横浜市長選挙ですが、公開討論会が開催されると聞いて行ってみたら、出て来たのは3名でしかなかった。

IMG_8174

 この連絡を知ったのは太田正孝氏本人が私の知り合いに直接寄こしたメールからでした。一瞬信じられませんでしたが、この夜のことを思い出すと何となく分かった。

2日前 -7/25(日)18:00~19:30横浜西公会堂で行われる横浜市長選挙立候補者討論会


 直接映像を貼りつけできないので見たい人はニコニコ動画に挙がっているのでご覧いただきたい。藤村晃子さんの最初の挨拶で太田正孝市議に対する称賛の言葉で何となく理解できる。

 しかし、この決断と言うか英断は素晴らしいの一言に尽きます。さすがだと思った。誰が考えても太田さんの出馬の理由を聞けば納得する。
 太田正孝氏は誰よりも早くこのカジノの誘致に反対し、カジノ誘致を阻止する為に立候補を表明し活動を開始した。

 他の候補は横浜市民の世論がカジノ反対で大きく傾き始めてから立候補した。様子見を決めており、立候補すれば受かるのではないかと考えての事でしょう。自民党、公明党、立憲民主党や維新の会は全てカジノ誘致に賛成していた。

 よって自民党も公明党も今回の市長選挙では誰も推さない。つまり自主投票を決めました。立憲民主党は推薦候補者を擁立したが、この大学教授も余り人気がない。

 と言うよりは立憲民主党そのものへの信頼がない。太田正孝さんは選挙区事情で立憲民主党に所属していたが、一人として部屋で喋ったこともないと言っていた。今回離党して本当に良かった。

 立憲民主を推す母体の連合組織はまとまらず、一部の民間労組は林文子現職市長を推すとの情報があります。維新の会をやめて立候補する松沢元県知事にも批判がある。

 これまで推進派の維新に所属してカジノ反対を唱えたこともないのに、なぜ任期4年も残して参院議員を辞職するかの理由が分かりません。

 このカジノ問題に取り組んできたのは、私と仲間であるパチンコ廃止を求める会、そして若宮健先生の二人。そして共産党系の市民団体だけであり、それ以外の人の姿を見たことがない。横浜市長の高い給料報酬が目的としか思えない連中ばかりです。

 カジノに反対する最大の理由はギャンブル依存症問題であり、パチンコで300万人、その内、家庭の主婦が30万人いるとされており、こちらの問題をどうするのか?

 我々パチンコ廃止を求める会は各候補者に対して公開質問状を送ることになりました。

横浜市長選挙立候補予定者 殿
令和3年 月 日
埼玉県川口市安行藤八33-13
パチンコ廃止を求める会  

代表 渡辺 昇
公 開 質 問 状(案) 

貴殿におかれましては益々ご盛栄のこととお喜び申し上げます。
私たちはパチンコ廃止を求める会は全国に約2000人の会員と地方議員や学識者が集まる市民団体です。
当会はカジノ設置が民間賭博を容認する一因になることを懸念し、平成26年よりパチンコの換金システムを放置した状態でのIR=統合型リゾート施設の誘致には一貫して反対を表明しています。この反対行動に関しては言論界、法曹界を含む多方面の識者より理解・支持を得る結果となりました。
上記の懸念点を不安視する声は少なくなく、今回の選挙の大きな争点である、横浜市が目指してきたカジノを含むIR=統合型リゾート施設の誘致の是非について、下記に質問させて頂きます。
この質問状の返信は当会及び連帯を支持する団体・個人のHPの他、SNSや動画サイトに掲載される他、横浜市長選挙の投票日まで横浜市内で当会が行うパチンコ反対の街頭署名活動にも参考資料として配布する予定です。回答が無い場合には「回答無し」と表記しますので、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

質 問
1,カジノ建設を反対しますか。                                         ( はい / いいえ )
2,パチンコ依存症もしくはギャンブル依存症の問題に関心がありますか。
( はい / いいえ )
3,横浜市では依存症の問題に関する相談窓口が設置されています。相談窓口を拡充する必要があると考えますか。
( はい / いいえ )
4,カジノを含むIR=統合型リゾート施設の誘致に反対の方に質問します。貴殿はパチンコの換金システムを反対しますか。
( はい / いいえ )
5, カジノを含むIR=統合型リゾート施設の誘致の是非はありますが、パチンコ問題について率直な意見をお聞かせください。


本状が到達後、早急ではございますが5日以内に同封した封筒に回答書をご返送くださいませ。


以上

昨日までのブログ記事


img037
.
 まさに迫力満点。凄まじいまでのパワーを感じさせる演説で大衆の心をつかむ演説であり、久しぶりにこのような演説を聴いた。

 なぜカジノに反対するのか? そして、なぜ今回、市長選挙に立候補したのか? それを簡潔明瞭に語った。本当に分かりやすいものでした。

 カジノが横浜に誘致される問題が持ち上がってきてから、一貫して反対の声を挙げてきた。自民党も公明党も立憲民主党も市議会では予算付けに賛成した。私は横浜市に絶対にカジノ(ばくち)を作ってはいけないと反対してきた。

 いくら反対しても市議会議員では限界がある。よって市長になってこのカジノ(賭博)をやめさせる以外に方法がないと決意した。

 このように語られました。そしてカジノの誘致を進める菅総理を横浜を地盤としてきた極悪人であると批判した。

 もう、あっ晴れと言うしかありません。反対する人でもここまで言い切れる人はいません。もう脱帽です。私がこの太田先生を応援するのも皆さんお分かりだと思います。

 パチンコに対しても、景品買取を厳しくすべきだ。警察が取り締まらないのは政治家がパチンコ業界からカネをもらっているからと言ってギャンブル依存症でパチンコ批判にも触れている。太田先生ならばパチンコの問題も解決してくれるでしょう。

 他の候補者の中で同じくギャンブル依存症問題でパチンコ規制を約束する候補者はいないと思いますが、一応、他の候補者にもアンケート調査を実施して公開します。

 昨日タクシーに乗ったら、林文子市長もまた出るらしいですねと声をかけたら、「あのばばあ~ですか。最悪です。もううんざりです」と言っていた。この人だけは選んではいけない。そのように思いました。

 何が最悪なのか。賭博カジノは白紙にしますと言って有権者を騙し、反対派が乱立して有利になると判断して、今度はカジノ誘致で再選を狙う! トンデモナイ人であることは間違いないのです。