大阪市の街宣の中止と変更

大阪市の街宣の中止と変更

妨害グループ(在日朝鮮人が過激で已むを得ない)

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。


大阪での街宣は20日になります。場所は告知無しで行いますので、
参加希望の方はメールにて申し込み下さい。また、告知する場合もあります。

メールにて受付します。
 
fukushimaseto@gmail.com

 下記の裁判で大阪に入る前後に変更となります。



大阪地方裁判所 次回

 9月 28日

 午前10時30分から午後5時まで

 法廷  第10007号

 大阪では我々愛国者が街宣しようとすると在日朝鮮人が大挙して押しかけ、演説にならないという事が分かりました。拡声器を持って私の声が周りの人に聞こえないようにするようです。

 川崎では妨害勢力は減り40名しか集まらない。しかし、大阪では数百人が集まり妨害する。警察が警備できないーという事で已む得なく今回は中止します。

 本当に残念でしたが、特に今回は私が「犯罪者の在日朝鮮人は日本から追放すべきだ!」とブログに書いたことでー

市大阪市ヘイトスピーチ審査会より下記の文書を頂いた。


 会長  矢倉 昌子

大阪市のヘイトスピーチへの対処に関する条第2講の規定により、次の通り意見を述べるとともに有利な証拠を提出する機会を与えますので通知します。



 Snapshot(11) (1)






























 この事で17日に大阪市役所に行った後に翌日街宣を予定していた。在日側にとって、大阪市のヘイトスピーチ審査会をどうしても守りたいのだろう。

 それは松井一郎・大阪市長(大阪維新の会)も同じではないか? 川崎市の福田市長は、異なる意見であってもそれを妨害してはならない―と言った。

 これは民主主義国家の鉄則であり、日本第二の都市である大阪が民主主義が機能していないとは、本当に驚くべきことです。このような非民主主義社会を生み出したのは、大阪の在日勢力と大阪維新であり、今後粘り強くこの反民主主義勢力と戦い、この連中をいずれ葬らなければなりません。

 2018年10月15日には我々は大阪で移民反対のデモを行なった。

<活動報告>10・14移民反対デー

 妨害勢力を上回る動員力・日本人の大和魂

   ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。


 大和魂とは国難に際して老若男女が、祖国日本を守るために自然と立ち上がる日本人の民族精神である。その大和魂が大阪の地で脈々と生き続け、その萌芽を見る思いだった。

 今危機に立ったこの日本を救おうと多くの日本人がこれから勇気をもって立ち上がる時がきた。対してそれを抑えつけようと必死で罵声を浴びせて中指を立てて妨害しようとした国賊売国奴(左翼&在日)

 はっきり言って彼ら妨害勢力はこの日本人の大和魂、心からの叫びを侮っていた。これから危機になればなるほど多くの日本人は妨害勢力を恐れることなく、萎縮することなく街頭で彼ら国賊共と対峙して、日本を守る為に立ち上がる。

  

 大阪府警の調べで参加者は80人、ただ別車両で行動していた人、難波の駅で日の丸を高く掲げ歓迎してくれた一団を含めると総勢100名からの人が参加したことになります。

 ただし、カウンター側では3回も計測したようです。気にしすぎやろ(笑)

  ARK K and U @ARK_kandu
本日の「日本第一党・全国一斉行動」なる行動の大阪デモの実数は,「94人」ではないかと思います。
誤差マイナス2,プラス5。カウンター(計数器)使った実測値です。計測回数3回。



 いつの嘘ばかり書いている人がまた、こんなことコメントしてました。

せと、嘘つくな。
私もお前らのデモを確認したけど、お前らのなかま27人しかいなかったぞ(笑)
警察と反撃部隊のほうが、はるかに人数は多かったやないか。
お前はやっばりアホやわわかりました(笑)

Posted by せとレンジャー at 2018年10月14日 20:17
 49.106.209.9

 あなたは目が悪いようですね。(笑)

瀬戸!昨日の集会映像を出してみろよ!
お前が嘘つきだとバラしてやるから!
惨めな集会だったなあ~
2018-10-15 06:45:56 返信編集
暴露
49.106.188.25 

 この男もしつこいので晒しておきます。同一人物ですか?

 さて、次のように冒頭で挨拶させて頂いた。

48289_1386_f8baf614ba02d53bab77fe3c543cdad3 文藝春秋はかつて時の総理大臣田名角栄を辞任に追い込んだ。それは田中角栄の「金脈問題」でした。今発売されている文藝春秋には何が書かれているのか?

安倍政権の最大の失政

 亡国の移民政策

 日本のオピニオン誌を侮ってはならない。これを自民党安倍政権が続ければ、間違いなく安倍総理は長くは持たない。

 必ず田中角栄のように失脚するでしょう。私は自民党には是々非々で臨んできたが、この移民政策は直ちに止めて欲しい。

 移民政策を撤回するまで我々は戦います。

 我々の今回のデモの趣旨は私の挨拶からも分かるように、自民党安倍政権が推し進める「移民政策に反対」するものでした。

 
16
 11
 対して、移民受け入れや難民受け入れを主張するプラカードを掲げた妨害派が必死で路上から妨害しようとしていた。彼らこそ間違いなく「安倍首相」の熱烈なる支援者である。

 単一民族国家日本の破壊を目指し、国民の団結を弱体化させる為に必死で騒いでいた彼らを駆逐しなければなりません。ナショナリズムの新潮流は世界を変えます


資金や人が国境を無視して自由に徘徊する、このようなグローバリズムに対しても、我々は警戒間を持たねばならない。
 
 侍蟻SamuraiAri 保守市民運動を担う未来の尖兵!

 もご覧ください。

 最後に参加された方々に心から御礼申し上げます。ご寄付頂いた方に感謝いたします。これからも頑張りますのでよろしくお願いします。

以上

 現
在こちら側はコロナ禍や妨害が激しく動員力が落ちているのも事実です。今後巻き返すのも大変だとは思いますが、やるしかありません。関西地区にも街宣車を常備置く体制を構築し、車両における流し街宣もやれるようにしないといけません。

 健康を回復し、仕事も順調なので大阪にも月2回は来るようにします。先ずは講演会などの回数を増やし、大阪維新や妨害勢力と戦う理論武装を図る勉強会の開催を定期的に行ないます。



昨日の件

 かつての仲間であるフリーライターの人達と久しぶりに会いました。日大問題で単行本を出した阪口義弘さんとお会いして、執筆を依頼した。我々の仲間が食える社会が再び再現します。昨日の様子はまた改めてご報告いたします。
51SJBAKDYQL





















 暴力団とずぶずぶの関係にあった日本大学、今警視庁の捜査が続く、どこまで暗黒の闇は暴かれるのか?

 この問題に長年取り組んできた阪口氏への取材を通して、フリーライターのせと弘幸が新しいブログ『フリーライター』で挑む、日本社会の闇。準備完了次第、始めます。乞うご期待下さい。日大に詳しい主役新聞社の中島主幹とも昨日電話にてお話ししました。
DSC_001_BURST20210914115339743



























何故か、同じようなタイトルの本が出版されている。この件についても後日詳しい話をおしらせいたします。






 尚、この日本大学に限らず他の問題もメール頂ければ、歳老いたとはいえ、老年のライターが最後の執念を振り絞り書き続けます。

 本来は若手のライターを養成する為に始めました。勉強してペンの力で世の中の悪に切り込みたいと思う方は馳せ参じて下さい。原稿を高額で買い取ります。