「チャイナ団地」の拡大の狙い

「チャイナ団地」の拡大の狙い

 やがて日本が乗っ取られる危険性。

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。

中国が画策する日本占領計画の恐怖。”チャイナ団地”はその橋頭堡と気づけ

新型コロナの感染拡大が治らない日本ですが、政府は感染源と言われる中国やアジア周辺国のビジネスマンをはじめ、観光客の受け入れも再開する動きが見られます。そんな日本で、じわじわと中国人による「侵略」が始まっていると指摘するのは、メルマガ『鈴木傾城のダークネス・メルマガ編』の著者で作家の鈴木傾城さん。都心周辺の団地から北海道の広大な水源地までが、中国人によって買い占められている現実を紹介しながら、かの毛沢東による「戦略」の恐ろしさを自覚するよう危機感のない日本人に警鐘を鳴らしています。

●毛沢東の戦略。砂をまくように中国人を日本にまいて侵略し、属国化させる

侵略というのは、外部から軍隊を伴って大々的に軍事侵攻してくることだけを指すのではない。最初は平和的に、静かに、合法的に、無害に入ってきて、どんどん数を増して建物を、団地を、地域を侵略してしまうという方法もある。

ここ数年、当たり前のように「チャイナ団地」という言葉を聞くようになった。チャイナ団地というのは、要するに中国人が大勢住み着いた団地である。

日本人よりも中国人の存在の方が大きくなって日本人が出ていくようになり、中国人がより流入して、団地全体が「中国」に乗っ取られたような状況になってしまう。

芝園団地(埼玉県川口市)は、そんなチャイナ団地の代表として知られているのだが、この団地の中国人比率はすでに50%を超えている。団地内の十数件の店舗も中国人向けの店舗に変わってしまっている。

このような「チャイナ団地」になってしまったのは芝園団地だけではない。

常盤平団地(千葉県松戸市)
高洲団地(千葉県千葉市)
馬見塚市営住宅(長野県駒ケ根市)
県営本庄小島住宅(埼玉県本庄市)
東安居団地(福井県福井市)
門真団地(大阪府門真市)
鴻池住宅(大阪府東大阪市)
稲田住宅(大阪府東大阪市)

こうした中国人の居住は別に違法でも何でもない。彼らは合法的に住んでいる。そして、侵略しようとも思っていない。しかし、こうした「点」はやがて「面」となり「領」となる。

●買収されていく日本の土地

日本人は1平方メートルですらも中国の土地を買うことはできないのだが、中国人はどんどん日本の土地を買い続けている。

北海道では、中国や外国資本によって東京ドーム515個分の水源地が買われているというのはよく喧伝される事実となっている。約1万5000ヘクタールの土地はもう日本のものではない。

田母神俊雄氏は『中国人が北海道に持っている土地面積は、静岡を超える』とも述べている。元北海道議会議員の小野寺まさる氏は、『安全保障上問題のある空港隣接地が中国で勝手に売り買いされている』と述べている。

あまり知られていないが、中国は九州でも四国でも森林の買収を画策している。

https://www.mag2.com/p/news/469526

以上

kouhou
2020年10月11日 【埼玉】反移民デー・西川口デモ行進!
kouhou2

 令和2年10月11日(日)、埼玉県川口市の西川口にて「反移民デー」の一環として街頭行動が実施された。

 例年、同日は『日本第一党』(桜井誠党首)各地方本部の主催による全国一斉行動が執り行なわれていたが、昨年よりネット告知での全国一斉アクションではなくなり、各地方本部の裁量となっていた(デモ妨害を回避するためネットでの告知なしとする無告知もOKに)。

 今年の埼玉県では西川口にて反移民デモ行進が行なわれることとなり、主催団体こそ実行委員会形式によるものだったが、その内実は『日権会(日本人の権利を守る市民の会)』が主体となって準備を進め、実行に至ったものである。参加団体は日権会の他、『NPO法人 外国人犯罪追放運動』など。

 飽くまでも個人参加ではあるものの、茨城県からは那珂(なか)市議会議員の原田ようこ先生らが遠方より馳せ参じられた他、日本第一党最高顧問である瀬戸弘幸先生(ブログ『日本よ何処へ』主筆)も参加されたものだ。

 今回のデモは「外国人の日本人への数々の犯罪」について集住地区での周知を主な目的としており、特に埼玉県内でも外国人の集住地区にてデモ行進を完遂させることに主眼を置いた。

以上

 私は西川口で行われたデモに参加した。この公園でのデモは二回目でした。この公園を出発するデモにはどうしても出なければとの思いからこの日、上京してはせ参じた。

 それはどのような理由からか? 忘れもしない、この公園の近くで日本人が複数の中国人によって殴打され、その後死亡した。犯人達は逮捕されたが結局は釈放されてしまった。目撃者が少なく誰が殴ったり蹴ったりしたか犯人を特定することが出来なく起訴できなかったからです。

 この辺りには粗暴な中国人が夜になれば群れをなして徘徊している。日本人が因縁をつけられて殺されるという恐るべき事件が起きた。

 このデモの呼びかけ人の外国人犯罪追放運動の有門大輔理事長の当時のブログより紹介しましょう。2013年のブログです。

☆伝えられぬ埼玉・西川口事件の真相

外国人による「殺し得」、日本人の「殺され損」という「逆攘夷」時代!

047660af
 今年4月14日、埼玉県川口市のJR西川口駅付近の繁華街で日本人グループと中国人グループの諍いから刺傷事件に発展した事件をご記憶だろうか?

☆NPO法人 外国人犯罪追放運動の「声明」(今年4月16日)より埼玉・西川口の刺傷事件

外国人凶悪犯罪、再び増加の懸念!
http://gaitsui.info/statement/seimei2013_04_16/2013_04_16.htm

 日本人の男女(40歳代の男性2名と30歳代の女性1名)が刃物で刺され、うち1名が重傷を負ったと伝えられた事件である。

:当時のマスコミ報道からニュース内容を拾ってみたので以下に掲載しよう

 14日午後9時50分ごろ、埼玉県川口市西川口の路上で、中国人とみられるグループと日本人のグループがトラブルになり、「大勢がケンカをしている」と110番通報があった。川口署員らが駆けつけたところ、30~40代の日本人の男女3人が負傷しているのを発見。男性2人は胸を刃物で刺されるなどして重傷、女性が手に軽傷を負った。
 同署で捜査したところ、トラブルに関与した可能性のある中国籍とみられる外国人のグループ約10人を現場周辺で発見。同署は殺人未遂事件の疑いもあるとみて詳しい事情を聴くとともに、当時の状況を調べる。

mig
以上

 この西川口での刺傷事件について先ごろ、周辺の飲食店店員とコンタクトが取れたので詳しい事情を聴いてみた。

 なお、この店員も事件当日は勤務時間外のため、西川口にある店舗には不在だったようだが、事件を目撃した同僚から直に聴いた話を伝えてくれた。

被害者3人のうち1人は重傷だと伝えられたけど、どうやら3人とも亡くなったとの情報が周辺では伝わっていますね。

 日本人の男2人はどうもコレ(指で頬をなぞる仕草 =暴力団員=)らしいです。夜の時間帯に酒でも入っていたのか気分が高揚しているのは分かるとしても、相手(中国人)が十数人なのに引かなかったところを見ると、そう考えるのが妥当じゃないかな?
mig2

 俺の同僚が現場で目撃してたんですけど、刺された3人のうち1人は腹をやられてて、仰向けに倒れて完全に虫の息状態…。もう1人は首から大量の血を流していて、手で傷口を押さえているにも関わらず、血がピューピュー吹き出してたって話ですよ。まるでポンプから吹き出るみたいに…。

 別の男が刺された被害者の元に駆け寄ったりしてたらしいんですけど、刺された男の上半身を抱えて頭を自分の胸にうずくまらせるようにしながら、『兄貴! アニキィ! しっかりして下さい! 今、救急車来ますから! アニキー!!』って必死で呼びかけていたらしいですよ。

 普通のサラリーマンが『兄貴』なんて言い方はしませんから、筋者と見て間違いないんじゃないですか?

 同僚は、あの状況を見て、とても助かるとは思えなかったと言っていましたね

 この店員の話によると、中国人らによる刺し口はキッチリ狙ったように、確実に急所を捉えていたようである。

 中国人グループが繁華街を練り歩くのに常時、刃物を携行しているというのも恐ろしい話だが、それに加えて凶器の扱いにも長けている。
mig3
画像:事件当時の状況を伝えるツイッターへの書き込みより

 中国人による暴力団員への襲撃と言えば、東京・錦糸町でも中国残留孤児子孫を中心とする中国系マフィア怒羅権(ドラゴン)』メンバーと暴力団員とで喧嘩沙汰から刃物での刺傷事件に発展しているが、事は怒羅権に限らない。

支那系マフィア『怒羅権』の猛威!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51762006.html

 中国人留学生の受け入れが加速する日本でも遠からず、中国人留学生らによるマフィア組織が形成されるのかも知れないし、それは既に形成されているとも言える。

 今年7月、東京・池袋の路上では中国人留学生同士による誘拐事件も発生しているし、同じ池袋のカラオケ店では中国人留学生グループによる男子高校生への暴行・傷害事件も発生した。この時に中国人留学生グループがカラオケ店でやっていたことはマフィアそのものの「義兄弟の契り」。

 埼玉・西川口での事件も発生こそ偶発的であったのかも知れないが、こうした事件が続いて起きる度に繁華街の権益をめぐる裏社会の覇権も中国人に席巻される事態は到来するだろうし、既に到来している。

 未確認情報ではあるが、4月に3名への刺傷(刺殺?)事件が起きた同月か、その次の月には飲食店で日本人と中国人が口論になり、中国人によって刺されたとか殺されたという噂が飛び交ったという。

 前出の飲食店員が話す。

同じ西川口でありながら、だいぶ後で知った話なんですけど、新聞とかテレビのニュースでも店員と客が口論みたいになって刺したとか、そんな程度の扱いだったらしいです

 刺されて損、殺されて大損である。

 一頃、世間を賑わせる精神異常者による凶悪犯罪が話題になった頃、容疑者は人権派弁護士によって庇護されることから、「殺され損、殺し得の時代」などと評されたものだが、これに付け加えるなら日本人は殺され損、外国人とりわけ中国人・朝鮮人は殺し得の時代と評することが出来よう。

 それにしても、ごく普通の習慣として凶器を持ち歩いている中国人ほか外国人に怯えながら、日本人がいつ傷つけられるとも分からない、いつ殺されるとも分からない中で怯えなければならないとは何とも本末転倒な事態である。

 たとえ被害に遭ってもマスコミは擁護してくれない、犯人がどうなったのか、被害者がどうなったのかの続報もない…警察も取り締まりはしてくれているのだろうが、法に沿ってどこまで厳正に裁かれたのかも分からない…。

 西川口での一件以降、件の店員によると「中国人は一時的に減った。そういう印象を受けた」とのことだが、所轄警察が日本人と中国人の衝突が頻発するのを恐れ、通り一遍の摘発や警戒は強化させたのだろうか。客引きで街頭に立つ中国人に厳しく注意を促したのかも知れない。また、中国人の側が夜間など一定の時間帯は外出を控えたのかも知れない。

 それでも何ヵ月も経たないうちに、忽ち事件は風化してしまう。現に西川口での一件も人々の記憶から消えかかっていたはずである。

 また、どこかで中国人による凶行が起きたとしても、日本人は以前にも増して中国人に怯えながら暮らさなければならないようになってしまう。

 この夏、東京・町田市の路上では、わいせつ目的に襲撃された女性が中国人の男(留学生)によってレンガで頭部を殴打され、重傷を負う事件も発生した。わいせつ行為そのものは女性が勇敢にも激しく抵抗したため、未遂に終わっている。

 グループ同士の喧嘩にせよ、単独での犯行にせよ、日本人が中国人に危害でも加えようものなら下手すれば差別問題と絡めて凶悪犯に仕立て上げられるが、中国人が日本人を殺傷しようとマスコミでは事件の詳細には触れられず、続報も伝えられず、まして厳しく罰せられることもないとなれば、まさしく中国人によって日本人が追い立てられる逆攘夷が各地で横行しているようなものだ。

 これほど中国人が爆発的に増えている状況にあって、まさに本末転倒の逆さまなのだ。

 同じ近代でも、かつて、これがまだ普通に機能していた状態があった。

 それが幕末から程ない明治の初期。元武士による外国人への襲撃が相次ぐ。

以下、昭和48年に発行された『日本テロリストの系譜 暗殺百年史』(著者:森川哲郎)より

明治元年2月15日 フランス水兵への大量殺害事件
(後に切腹を命じられた土佐兵は割いた自身の腹から臓器をつかみ出し、フランス公使代理に投げつけるなどして、世界的に「ハラキリ」の凄まじさが伝えられた)

同年2月30日 イギリス公使への暗殺未遂事件

明治2年3月26日 元幕府陸軍顧問のフランス人2名への殺傷事件

明治3年11月23日 イギリス人教師への暗殺未遂事件

明治4年4月25日 同じくイギリス人教師への暗殺未遂事件

明治8年11月 ドイツ総領事ハーバー暗殺事件

明治24年5月11日 攘夷思想の警察官によるロシア皇太子への襲撃事件

以上

 前回は告知してのデモでしたので、左翼やしばき隊がヘイト止めろ!などと妨害を繰り返した。よって無告知でしかデモを開催できなくなった。そして動員力の低下です。

 このデモに参加して先ず思ったことは、やはり我々が勇気をもって立ち上がらないと、やがてチャイニーズ(支那人)にやられてしまうという事です。

1602399331617















 この問題は本当に深刻です。漫画家の成田先生も憂いています。本当に何とかしないと大変なことになってしまいます。

 やがて中国人自治区が出来て警察も手出しが出来なくなってしまうのでしょう。


 


 米中対立の行方はどうなるのか? 是非とも私の話を聞いて下さい。国会でのんびり日本学術会議の議論をしている場合ではありません。祖国日本がどうなってしまうのか? まさにその正念場に差し掛かりました。

せと農園からのお知らせ

 落花生の残りが14キロになりました。明日辺り注文頂かないとなくなると思います。

 今年は昨年よりも少なかったこともありますが、70キロ以上は出荷しました。


 皆様ありがとう」御座いました。今月末の26日、27日、29日にはりんごジュースを作ります。
リンゴの収穫は11月下旬にならないと行いません。霜が降りて密が入るので12月になったらご注文下さい。

 せと農園のサイトは7情報が古くなっているのでもうサイトを消します。これからは、このブログで呼びかけますのでご注文下さい。


せと農園日誌20201005~落花生収穫・生落花生発送~
(撮影・制作:はとらずチャンネル


CIMG0986
1キロ1,500円とします。団ボールの箱にいれて発送します。

1箱に2キロ入るので、2キロ希望の方は2つ入れます。この場合は3,000円です。

送料は1箱当たりの送料がかかります。

東北 関東 信越         600円 

北海道 北陸 東海 近畿     870円

中国 四国 九州         1,070円 

沖縄               1,500円


落花生00
   通販告知の場合は住所氏名を書くことになっていますので改めてご報告します。

 960-0116

 福島市宮代字宝田前27-1 せと農園 代表せと弘幸 090-3347-5720


ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。