学術会議任命拒否問題(3)

日本学術会議任命拒否問題(3)

小沢一郎の「日本学術会議」任命問題

 ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。

小沢一郎氏が猛批判「いつのまにか日本学術会議が諸悪の根源のような話に」

小沢一郎衆院議員が17日付ツイッター投稿で、日本学術会議を巡る問題に関して「もはや意味不明。いつのまにか日本学術会議こそが諸悪の根源のような話になってしまっている」と指摘した。

 菅義偉首相が16日に、日本学術会議の梶田隆章会長と会談し「国の予算を投ずる機関として国民に理解をされる存在であるべき」と伝えたと報じたニュースを引用し、批判した。

 小沢氏は「総理自らが招いた学問の自由の侵害なのに問題のすり替えに血眼。政権の批判者を徹底的に潰す極めて陰惨な政治手法」と投稿した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/168025cbba8d838d16f1f2d6a65c0a1962ff20e0

以上

 最近、小沢一郎の自民党に対する批判がよくマスコミに取り上げられる。何らかのマスコミ工作が行なわれているのでしょう。もう、とっくに終わった政治家であり、影響力なども殆どありません。

 小沢一郎がしゃかりきになって進めた野党連合でしたが、立憲民主党という旧名が残ったままで、新鮮味に欠けまったく支持率が伸びない。

 自民党が40%の支持率があるのに、立憲民主党は5%にとどまったままです。これではいくら小沢一郎が野党連合で政権を奪い返すなどと吠えても誰も信用しません。

 よって、この学術会議の任命問題で何とか攻撃して挽回しようと考えているようですが、それも大きな動きにはなっていません。

 小沢一郎議員は5チャンネルでは<Twitter芸人>などと呼ばれています。つまり、もう笑い者にされているわけです。無様というしかありません。

 諸悪の根源などと言っても←(お前がな・・・)などと返されてしまいます。それは置いておくとして、学術会議の中には左翼学者がゴロゴロしているので、こんな連中を任命拒否するのが当然で、それを学問の自由の侵害などと大げさに言っているだけです。

 学術会議のメンバーには日本共産党員がいるようです。もう小沢一郎は今や共産党のほうが自民党より親密な関係で大した変わり様です。

EjYffdOUcAIuMOG

 
過去の学術会議会長→共産党の選挙応援。

EjYfgQoUYAMXEMQ

現在の学術会議会長。
→「日本の軍事研究はさせない!」と声明まで出して学問の自由を規制。
「資本主義は限界」などと赤旗の独占インタビュー記事に載るような人。

 実際に諸悪の根源です、日本学術会議でリスト化したメンバーを無条件で任命承認しろ。

 年間10億円を寄こせ、カネを出して口は出すな!ゆすりたかりの左翼団体関西生コンと同じです。

 こちらもご覧ください

学術会議問題は「学問の自由」が論点であるべきなのか?

https://wirelesswire.jp/2020/10/77680/


 

 このような日本学術会議など解体すべきです。我々日本第一党はそれを強く主張します。




機関紙「フリーダム」のお知らせ

 今回は川崎問題特集号となります。来年まで一年と迫った川崎市長選挙ですが、日本人を差別するような条例を成立させた福田紀彦市長に我々は対抗馬を立て、無投票当選などは絶対に許しません。

 日本人への差別条例は自民・公明・立憲民主・共産党などの全会一致で成立しており、これらの全ての政党の推薦で福田市長は再出馬することとなり、対抗馬を擁立する政党は皆無です。

 よって我々は『川崎を変える保守連合』として市民に呼びかけ戦います。

川崎特集号

市長選挙まで一年、新たな政治活動を始動

もう、一年の我慢です。必ず福田紀彦市長を倒します。

我々「川崎を変える保守連合」

公約1 池上町の新しい街作りと昭和天皇ご行幸会館建設

公約2 ふるさと納税で流出する税金の阻止と魅力あふれる川崎市を作ります。

公約3 川崎港に長年(2年間)放置されたままの貨物船の撤去

公約4 川崎市日本人への差別条例(罰金50万円)を廃案へ

公約4はこの日本人差別条例を裏で推進した『ヘイトスピーチを許さない川崎市民ネット』とのこれからの裁判闘争について書いています。

 機関紙フリーダムは仕事の関係で遅れましたが、ほぼ原稿は書きあがりましたので23日頃までには発行します。

★動画ご紹介!

川崎問題徹底究明が大詰め【せと弘幸】20201007~近々、驚くべき結果のご報告か~

(撮影・制作:はとらずチャンネル

川崎市こそはどこの自治体よりも戦後いち早く在日ほか「マイノリティ」の手に落ちた!それを我々は取り戻す戦いを始めます。

 「フリーダム」を申し込まれる方は私のメールに連絡下さい。

fukushimaseto@gmail.com

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。