中国共産党は何を始める気か?

中国共産党は何を始める気か?

国民に食料の備蓄を要請

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。


中国、国民に数か月分の食糧備蓄をすることを要請

1602926406352

同条例は、「市民が食料品を貯蔵すること」という項目を特別に追加し、飲食企業、食堂及び都市と地方の家庭がそれぞれのニーズに応じて一定量の食料品を貯蔵することを明確に推奨した。
これに対し、ネットユーザーから「四川は法案で食料貯蔵を奨励しているが、これは罠か、市民が食料品を貯めたら取り上げられるでしょう」

「貯蔵なんてできない。以前毛沢東の時代には、家の地面を掘ってまで食べ物を奪ってたな」

「市民が食料品をストックして、戦争と飢饉に備えるのだ」

「これはどういう意味だろうか。以前は今年秋以降食糧危機があると述べたが、来年、再来年は食糧危機がさらに深刻になるだろうか」

「今は国があなたのために何ができるのかを尋ねるのではなく、あなたが国のために何ができるか問われるご時世だ」


「この国は数週間前にアメリカからたくさん食料品を買ったばかりではないか」

https://tweetsoku.com/2020/10/17/速報-中国、国民に数か月分の食糧備蓄をするこ/

以上

 数週間という長さが不気味です。この間に一体何をおっぱじめる気なのか? 戦争を始める準備なのかも知れません。トランプ大統領が敗北すれば考えられることは幾つかあります。

 インド太平洋の自由航行と安全確保に関して米国、オーストラリア、日本、インドは連携していますが、共産中国は激しく反発しています。

〇南アジアでの侵略行為を更に拡大

〇東アジアでの戦争 台湾侵攻、尖閣諸島侵奪

〇インドとの国境紛争の激化

〇オーストラリアに住む中国人暴動

…などですが、一番考えられるのが台湾侵攻か尖閣諸島の侵奪計画の実施でしょう。何の為に尖閣列島の領海に侵入しているのか? それは尖閣を奪いとる為であり、その準備は既に終わったと見るべきで後はいつ行なうかです。

 数カ月の食料備蓄などと言ったら、日本社会ではパニックが起きて大変なことになります。缶詰とか保存食品でなければ数カ月も備蓄して置くことなど出来ません。

 数カ月に及ぶ国内での改革などは考えられず、それほど食糧難にあるとも考え難い。そのような理由で対外的な問題、つまり戦争の準備を始めたとしか考えられません。

 交易が止まることを覚悟しての国民への要請しか思いつきません。戦争となれば殆どの船舶は止まるので、食料を備蓄しておかないと困窮するのは必定です。台湾侵攻の場合は数週間から一・二か月で完了すると見ているのでしょう。

 世界を敵に回してでも戦争を準備し、遂行することは十分考えられます。日本人で中国本土にいる人間は直ちに帰国すべきです。日本の尖閣を狙っているならば、日本人はことごとく逮捕拘束されることになります。

 日本人は世界の情勢を読み解くのが非常に劣っています。コロナで外食産業が振るわないので、一部の食料は余っているほどです。しかし、これを世界の穀物市場に目を向ければ恐ろしいことが分かります。

 米国産の小麦の先物市場ではまだ大きな動きは見えないが、穀物の価格が上昇傾向にあると見られています。中国は今、穀物輸入国であり、その穀物を輸出しているのが米国と豪州なのです。

 両国からの穀物輸入が一時止まることも予測しての早めの対策かも知れません。日本はコメは自給出来ていますが、他の穀物は殆どが輸入に頼っています。これは長期的に改善していかなければなりません。

 ところで共産中国は意外にも穀物輸入大国に転落しています。

中国が抱える意外な弱み「食料自給率の低下」

米国が本気で怒ると中国人の食生活に何が起きるのか
2017.8.21(月)
川島 博之

中国の大豆輸入量は日本の20倍に達する

 1793年、清の乾隆帝は英国から貿易促進のために派遣されたジョージ・マカートニー伯爵に対して、中国は“地大物博”(領土が広く物が豊富)であるから、外国と交易する必要はないと言い放ったそうだ。

 そんな中国だが、モータリゼーションが進展する中で国内生産だけでは石油が足りなくなった。現在、約3億トン輸入している。ちなみに、日本の輸入量は約2億トン。

 石油の輸入は中国の対外戦略に大きな影響を及ぼしている。中東から中国までの輸送路を確保したい。南シナ海の領有を宣言したりインド洋に進出したりする背景には、石油を安全に運びたいとの思惑がある。ミャンマーやパキスタンに多額の援助を行って同盟国化しようとしていることも同様の理由である。

大豆の搾りかすが家畜飼料に
 そんな中国にとって、石油と同様に海外から大量に輸入するものが現れた。大豆である。現在、中国の大豆輸入量は6000万トンを上回り、世界で交易される大豆の6割にもなっている(図1)。日本の輸入量は約300万トン、中国の輸入量は食料輸入大国と言われる我が国の20倍にもなっている。

 引用先 https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50829
 
 相次ぐ災害で国内での穀物生産が極度に落ちて、今以上に輸入に頼らざるを得ない状況なのかも知れません。もし、そのような背景があっての国民への要請であれば、直ぐに戦争とは結び尽きませんが、何せ中共の考えることなのでまったく予想はつきません。

せと農園からのお知らせ

 小粒ですが甘柿がまだ木になっています。二段詰めで欲しいかたに販売します。百目柿という品種です。2000円+送料となります。食べ頃です。




機関紙「フリーダム」のお知らせ

 今回は川崎問題特集号となります。来年まで一年と迫った川崎市長選挙ですが、日本人を差別するような条例を成立させた福田紀彦市長に我々は対抗馬を立て、無投票当選などは絶対に許しません。

 日本人への差別条例は自民・公明・立憲民主・共産党などの全会一致で成立しており、これらの全ての政党の推薦で福田市長は再出馬することとなり、対抗馬を擁立する政党は皆無です。

 よって我々は『川崎を変える保守連合』として市民に呼びかけ戦います。

川崎特集号

市長選挙まで一年、新たな政治活動を始動

もう、一年の我慢です。必ず福田紀彦市長を倒します。

我々「川崎を変える保守連合」

公約1 池上町の新しい街作りと昭和天皇ご行幸会館建設

公約2 ふるさと納税で流出する税金の阻止と魅力あふれる川崎市を作ります。

公約3 川崎港に長年(2年間)放置されたままの貨物船の撤去

公約4 川崎市日本人への差別条例(罰金50万円)を廃案へ

公約4はこの日本人差別条例を裏で推進した『ヘイトスピーチを許さない川崎市民ネット』とのこれからの裁判闘争について書いています。

 機関紙フリーダムは仕事の関係で遅れましたが、ほぼ原稿は書きあがりましたので23日頃までには発行します。

★動画ご紹介!

川崎問題徹底究明が大詰め【せと弘幸】20201007~近々、驚くべき結果のご報告か~

(撮影・制作:はとらずチャンネル

川崎市こそはどこの自治体よりも戦後いち早く在日ほか「マイノリティ」の手に落ちた!それを我々は取り戻す戦いを始めます。

 「フリーダム」を申し込まれる方は私のメールに連絡下さい。

fukushimaseto@gmail.com

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。